メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

観光交流拠点が完成 13日開館 にぎわいの再生図る 気仙沼市 /宮城

 東日本大震災で大きな被害を受けた気仙沼市内湾地区で、市の観光交流拠点施設「まち・ひと・しごと交流プラザ」が完成し、13日に開館する。復興整備が進む中心商業地で市民と観光客に集いや学び、活動の場を提供し、にぎわいの再生を図る。

 施設は津波で全壊した市観光物産センター「エースポート」と市勤労青少年ホームを併せて再建した。海に面した防潮堤沿いに飲食店や雑貨店が入る民間の観光集客施設「迎(ムカエル)」と隣接し…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あんこう祭14万人 大洗・ガルパンイベントも盛況

  2. 伊藤「いい試合できた」今季4度目の決勝進出で初勝利 元世界1位倒す

  3. 待ち伏せの可能性 新潟女性殺害 執拗に深い刺し傷 強い殺意か 県警

  4. 東京五輪招致 9億円の文書が行方不明の奇怪

  5. 風知草 観桜会の論じ方について=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです