メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

名取市消防署閖上出張所落成式 「気持ち新たに」 /宮城

 東日本大震災で被災し、職員3人が犠牲になった名取市消防署閖上出張所の新庁舎が完成し、落成式が10日に開かれた。閖上地区の防災拠点としての再出発に、所員は「気持ちを新たに職務に励む」と誓った。

 同出張所は津波で庁舎が全壊し、住民の避難誘導にあたった3人の職員が殉職。旧庁舎は遺構として残っていたが、今年2月に解体された。

 落成式では菅井忠弘所長が「所員一同、気持ちを新たに職務に励みます」とあいさつし、出席者から盛大な拍手が送られた。市消防本部の木皿正之消防長は「閖上地区の防災拠点として、地域の皆様の信頼に応えていきたい」と話した。

この記事は有料記事です。

残り177文字(全文444文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 赤ちゃんザル「エール」優勝 高崎山・選抜総選挙 大分

  3. なぜ政治は感染拡大を防止できないのか 社会心理学者が読む「矛盾した」メッセージ

  4. 名前は「けしモン」! 大分市消防局マスコット、20年越し命名

  5. この国に、女優・木内みどりがいた <21>DON’T FORGET FUKUSHIMA

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです