メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

支局の目

畠山受刑者の実家解体 /秋田

 藤里町で2006年に起きた連続児童殺害事件で、殺人と死体遺棄の罪に問われ、無期懲役の判決を受けた畠山鈴香受刑者の実家がこの冬の間に解体され、姿を消した。

 確定判決によると、畠山受刑者は06年4月9日、同町を流れる藤琴川に架かる大沢橋で、小学4年の長女彩香さん(当時9歳)を橋の欄干から落下させ、水死させた。また、同5月17日には、近所に住む小学1年の米山豪憲さん(当時7歳)を自宅玄関で絞殺した。豪憲さんの遺体は、能代市二ツ井町を流れる米代川岸の市道脇草むらに遺棄された。

 冷酷で残忍な事件だった。彩香さんの遺体は殺害翌日の4月10日、二ツ井町を流れる藤琴川の中州で見つか…

この記事は有料記事です。

残り515文字(全文802文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 父親の逮捕状請求へ 死体遺棄容疑 埼玉県警

  2. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  3. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  4. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  5. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです