新紙幣

渋沢栄一新1万円札 長瀞に書の扁額 /埼玉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 新1万円札の肖像画となる深谷市出身の渋沢栄一がよく遊びに訪れた長瀞町には、秩父鉄道長瀞駅前に渋沢の手になる石碑が建つ。同町の宝登山神社近くで同鉄道が経営する料理店「有隣倶楽部(くらぶ)」の大広間には渋沢の書の扁額(へんがく)(横4・5メートル、縦1・2メートル)が掛かり、にわかに脚光を浴びている

 同店の木村正規支配人(37)によると、…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文414文字)

あわせて読みたい

注目の特集