メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新紙幣

渋沢栄一新1万円札 長瀞に書の扁額 /埼玉

 新1万円札の肖像画となる深谷市出身の渋沢栄一がよく遊びに訪れた長瀞町には、秩父鉄道長瀞駅前に渋沢の手になる石碑が建つ。同町の宝登山神社近くで同鉄道が経営する料理店「有隣倶楽部(くらぶ)」の大広間には渋沢の書の扁額(へんがく)(横4・5メートル、縦1・2メートル)が掛かり、にわかに脚光を浴びている

 同店の木村正規支配人(37)によると、…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文414文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「結局は日本経済により大きな被害」 韓国大統領警告 輸出規制問題で
  2. なぜ首相は「立憲民主党」を「民主党」と何度も同じ箇所で間違えるのか
  3. 三菱自動車岡崎の主戦・仲井 独特の投げ方武器に初登板飾る
  4. ガンダム 「0080」のNT-1のガンプラがクリアカラーに 内部フレームが見える アーマー着脱も
  5. あなたの参院選 氷河期世代の人生再設計は ロスジェネの逆襲も?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです