メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

「佐倉義民伝」 来月国立劇場で上演 前進座 /東京

 劇団「前進座」は5月に国立劇場で、江戸時代に佐倉藩の農民を救うため将軍に直訴し処刑されたとされる佐倉惣五郎を描いた歌舞伎「佐倉義民伝」を上演する。出演する役者3人が惣五郎(宗吾)をまつる千葉県成田市の宗吾霊堂を参拝し公演の成功を祈願した。

 承応元(1652)年、惣五郎は、国家老の暴政と重税に佐倉藩の領民が苦しめられていると四代将軍の徳川家綱に直訴した。領民は救われたが、罪に問われた惣五郎は打ち首になったとされる。この話…

この記事は有料記事です。

残り319文字(全文531文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  2. ビルから鉄パイプが落下 通行人の26歳男性死亡 和歌山

  3. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  4. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  5. 鉄パイプ 工事現場で落下 歩行者頭に刺さり重体 六本木

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです