メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東海アスリート群像

和田佳大選手(21)=中京大硬式野球部4年 /愛知

 左打ちの1番打者としてチームを引っ張る役目を果たした。

 6日に開幕した愛知大学野球春季リーグ戦で、愛知学院大との1回戦。一回、外に逃げていく球に逆らわない打撃を見せ左前打で出塁。先制のホームを踏み「理想的な攻撃ができた」と喜んだ。四回の第3打席では四球で出ると三盗を決める。相手をかき回し追加点のきっかけを作った。続く五回には中犠飛できっちりと打点を挙げ、チームは7-4で勝利。「いろんな球種、コースに対応できる」と半田卓也監督(36)の信頼は厚い。

 鹿児島県指宿市出身。小学4年でソフトボールを始め、中学は軟式野球。鹿児島情報高では2学年上にプロ野球・ロッテで活躍する二木康太投手(23)がいた。1、3年夏の鹿児島大会では4強入りに貢献。「レベルの高いところで野球をやりたい」と中京大に進学。スポーツ科学部競技スポーツ科学科に所属し栄養学などを学ぶ。

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文848文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 木村花さん自宅から遺書 警視庁、自殺図ったとみて捜査 女子プロレスラー急死

  2. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  3. 「アベノマスク着用」 中学校で配布プリントに記載、保護者に謝罪 埼玉・深谷

  4. 大阪モデル基準変更 吉村知事「誤解与えないため」、山中さん「信頼揺らぐ」

  5. 第2波で再び経済ストップ? 宣言解除後は「底をはい続けるL字形」との指摘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです