メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大崎事件、再審認めず 最高裁が初の取り消し
御木本幸吉

真珠王、多彩な交遊紹介 学者や政界人、皇族… 渋沢栄一、エジソンら40人 鳥羽で来年2月末まで /三重

 新1万円札の肖像画となる実業家の渋沢栄一や発明王トーマス・エジソンなど、鳥羽市出身の真珠王、御木本幸吉(1858~1954年)の多彩な交際を紹介する「御木本幸吉交遊録-真珠王はこんなネットワークを持っていた」が、同市のミキモト真珠島で開かれている。真珠王と交流を持った人物を40人に絞りパネルや資料などで紹介している。【林一茂】

 幸吉の生誕160周年を記念して企画された。昨年中に開催の予定だったが、対象者が、真珠養殖で手を携え…

この記事は有料記事です。

残り503文字(全文718文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潟県警 寝坊し高速で175キロ 女性警官を書類送検
  2. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?
  4. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  5. WEB CARTOP 制限速度135km/hオーバーで逮捕の会社員! 果たして罰則はどうなる?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです