メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

鉄道むすめ

「楚原れんげ」デビュー 北勢線をPR /三重

 三岐鉄道(四日市市)北勢線に、鉄道むすめ「楚原(そはら)れんげ」がデビューし、等身大パネルが改札口で乗客を出迎えている。鉄道むすめは県内初お目見えで、同線のPRに一役買っている。

 鉄道むすめは、全国の鉄道会社の現場で働く女性をモチーフにしたキャラクターで、玩具メーカー、タカラトミーの子会社「トミーテック」が全国展開している。

 楚原れんげは、北勢線の「楚原駅」(いなべ市)と「蓮花寺駅」(桑名市)から命名した。勤務地は「東員駅…

この記事は有料記事です。

残り268文字(全文482文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  3. 水浸し、満員、夜の冷え込み…気詰まり避難所 想定外? 準備不足?

  4. 台風19号 寝室で増水 目の前で夫「世話になったな」…86歳妻「1人はつらい」福島・いわき 

  5. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです