メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

うちわまき

うちわをもらおう 名張の「竹を送る会」が参加者募集 奈良・唐招提寺で来月19日 /三重

鼓楼の上からうちわをまく僧侶=奈良市五条町の唐招提寺で2018年5月19日、佐藤英里奈撮影

 5月19日に奈良・唐招提寺である「うちわまき」への参加者を名張市の市民団体「唐招提寺に竹を送る会」が募集している。会は毎年、行事でまかれるうちわの竹を奉納。奥西勲会長は「参加者全員が縁起物のうちわをもらえる。今年は日曜日で参加しやすい」と呼びかけている。参加費は1人2000円。定員90人(先着順)。

 うちわまきは鎌倉時代に寺を復興させた覚盛(かくじょう)上人の命日に行われ、約760年続く。不殺生を…

この記事は有料記事です。

残り253文字(全文454文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山田太郎票515票を山本太郎票に 職員思い込みで富士宮市選管集計ミス
  2. 京アニが支援金受け付け口座開設 詳細はホームページに掲載
  3. 清水圭、吉本社長・岡本氏に恫喝された過去告白「話を聞かずいきなり…私の時と全く同じ」(スポニチ)
  4. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  5. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです