メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

歌で「故郷」届ける 在日コリアン半生記 /大阪

「歌は分断を越えて」のモデルになったソプラノ歌手の金桂仙さん=大阪市北区で、高村洋一撮影

 日韓両国を舞台に歌うソプラノ歌手、金(キム)桂仙(ケソン)さん(69)、大阪市淀川区=の波乱に満ちた半生記が「歌は分断を越えて」の題で新泉社から出版された。著者は阪南大国際コミュニケーション学部准教授の坪井兵輔さん(47)。金さんが生きてきた時代背景も盛り込んだ。「大阪生まれのメード・イン・ジャパン、キム・ケソンです。歌で『故郷』を届けたいと願っています」。金さん得意の明るいステージあいさつを紹介して締めくくっている。

 金さんは吹田市出身。韓国慶尚北道出身の両親の希望で民族の言葉と文化を学んだ。高校卒業後は民族音楽団体に入り、歌で頭角を現す。しかし、韓国籍だったことから東ドイツでの祭典で歌う機会を逃すなど、祖国分断のせいで再三悔しい思いをしたことを本書は明かす。

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文656文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米雇用改善 トランプ氏、死亡した黒人男性にとって「素晴らしい日」と発言 非難噴出

  2. 都知事選に出るワケ 熊本知事から「タイムリミット」示された副知事の決断

  3. 家計支えるのに給付金の対象外…困窮する定時制の高校生 「1日1食の日も」

  4. 時の在りか 小池都知事再選を危ぶむ=伊藤智永

  5. 最も評価する政治家は大阪・吉村知事 2位東京・小池氏 発信好感 毎日新聞世論調査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです