メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

出版

歌で「故郷」届ける 在日コリアン半生記 /大阪

「歌は分断を越えて」のモデルになったソプラノ歌手の金桂仙さん=大阪市北区で、高村洋一撮影

 日韓両国を舞台に歌うソプラノ歌手、金(キム)桂仙(ケソン)さん(69)、大阪市淀川区=の波乱に満ちた半生記が「歌は分断を越えて」の題で新泉社から出版された。著者は阪南大国際コミュニケーション学部准教授の坪井兵輔さん(47)。金さんが生きてきた時代背景も盛り込んだ。「大阪生まれのメード・イン・ジャパン、キム・ケソンです。歌で『故郷』を届けたいと願っています」。金さん得意の明るいステージあいさつを紹介して締めくくっている。

 金さんは吹田市出身。韓国慶尚北道出身の両親の希望で民族の言葉と文化を学んだ。高校卒業後は民族音楽団…

この記事は有料記事です。

残り394文字(全文656文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 20代女性を窃盗容疑で誤認逮捕 松山東署、2日後に釈放
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 東海道新幹線の全区間、一時運転見合わせ 静岡で大雨

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです