メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

平井知事

4選後初登庁 山陰新幹線実現へ意欲 /鳥取

職員から拍手や花束で迎えられ、笑顔で初登庁する平井伸治鳥取県知事(左)=園部仁史撮影

 県知事選で4選を果たした平井伸治知事(57)が10日朝、初登庁した。職員ら約300人が拍手で出迎えた。任期内に山陰新幹線実現に向けた道筋づくりを進める考えを明らかにした。

 花束を受け取った平井知事は、職員訓示で「過去最高の得票率(92・26%)は県民のために尽力した職員のお陰」と持ち上げた。一方で…

この記事は有料記事です。

残り210文字(全文360文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型肺炎 中国「感染力強まった」 海外団体旅行禁止

  2. 「非厚底」で優勝の松田 支えたのは伝説の靴職人 大阪国際女子マラソン

  3. 徳勝龍の母、優勝は「ドクターイエローのおかげかも…」

  4. 山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針

  5. 元NBAスター、コービー・ブライアント氏死亡 ヘリ墜落で 同乗の13歳娘も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです