メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代を見据え

’19尾道市ダブル選/上 自前の主水源なく 豪雨で取水場水没 命おびやかす断水 /広島

断水で開設された給水所には長い列ができた=広島県尾道市役所で2018年7月8日、渕脇直樹撮影

 「職員の疲労は日に日に濃くなり、先が見えない不安でいっぱいだった」。因島総合病院(尾道市因島土生町)の岡野芳和事務部長は振り返った。

 昨年7月の西日本豪雨で因島は全島が断水。因島総合病院は島の医療機関で唯一、透析治療を担い、病院全体で1日120トンの水を使う。自前の貯水タンク容量は290トン。断水が3日続けば底を突く。

 「やれることはすべてやろう」。岡野さんの指示で4トン分のポリタンクを確保し、3キロ先の市の貯水タン…

この記事は有料記事です。

残り957文字(全文1168文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走 元高級官僚だから? 「なぜ運転手が逮捕されないのか」疑問の声噴出
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 結婚できない男 阿部寛主演ドラマが13年ぶり復活! 続編が10月期放送
  4. 政治 交わらない枝野氏と玉木氏 自民「1強」の責任、野党にも
  5. 国民民主党、自由党と合併で正式合意 自由は解散

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです