メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイン

南アで黒人女性初、醸造家の夢開く 自信作、お披露目 今治 /愛媛

試飲会で自信作をにこやかに勧めるヌゥツキ・ビエラさん(右)=愛媛県今治市片原町1で、松倉展人撮影

 南アフリカで黒人女性として初めてワインブランドを確立した醸造家、ヌゥツキ・ビエラさん(42)が今治市を訪れ、赤白4種の自信作「ASLINA(アスリナ)」をお披露目した。多くの困難を努力で切り開いたビエラさん。2009年に同国の女性ワインメーカー年間賞を受賞し、米国、台湾などに次いで日本への初輸出を果たした。

 アスリナはビエラさんの亡き祖母の名前。南アフリカ東部の人口約500人の村では「母が出稼ぎに行っていたので祖母に育てられた」といい、周囲すべてに愛情を注いだという祖母の名を銘柄にした。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 政府、収入減世帯に30万円給付へ 7日にも閣議決定

  2. 「検査数少なく正確な評価困難」 在日米大使館が「予測困難」と米市民に帰国促す

  3. 3Dプリンターで防護具 大阪大チーム作製 新型コロナ対策

  4. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  5. 「配布計画は裏目に出た」 アベノマスク批判、米欧主要メディアも報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです