メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ワイン

南アで黒人女性初、醸造家の夢開く 自信作、お披露目 今治 /愛媛

試飲会で自信作をにこやかに勧めるヌゥツキ・ビエラさん(右)=愛媛県今治市片原町1で、松倉展人撮影

 南アフリカで黒人女性として初めてワインブランドを確立した醸造家、ヌゥツキ・ビエラさん(42)が今治市を訪れ、赤白4種の自信作「ASLINA(アスリナ)」をお披露目した。多くの困難を努力で切り開いたビエラさん。2009年に同国の女性ワインメーカー年間賞を受賞し、米国、台湾などに次いで日本への初輸出を果たした。

 アスリナはビエラさんの亡き祖母の名前。南アフリカ東部の人口約500人の村では「母が出稼ぎに行っていたので祖母に育てられた」といい、周囲すべてに愛情を注いだという祖母の名を銘柄にした。

この記事は有料記事です。

残り562文字(全文809文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「まるでモラハラのよう」 矛盾だらけの「改革」論議 名大・隠岐さや香教授

  2. NiziU、初シングルCD「Step and a step」が店頭に

  3. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  4. コロナで変わる世界 <移民編 インタビュー③>広瀬弘忠さん 感染を外国人のせいにする行政「ヘイト」は問題

  5. 社会から「消された存在」だった 18年軟禁された女性、自立探る今

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです