メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
桜田・五輪担当相

首相、更迭 「復興より議員大事」発言

桜田五輪担当相

 桜田義孝五輪担当相(69)=衆院千葉8区、二階派=は10日夜、首相官邸で安倍晋三首相と会い、自らの失言の責任を取って辞任する意向を伝えた。桜田氏は同日、自民党の高橋比奈子衆院議員(比例代表東北ブロック、麻生派)のパーティーで「復興以上に大事なのは、高橋さん」と発言していた。衆院大阪12区、沖縄3区両補選と統一地方選後半戦の投開票を21日に控え、影響を最小限に抑えるため、首相が事実上の更迭に踏み切った。後任には鈴木俊一前五輪担当相(65)=衆院岩手2区、麻生派=を充てる方針だ。【田中裕之、古川宗】

この記事は有料記事です。

残り911文字(全文1162文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「痴漢防止ハンコ」販売 抑止狙い、シヤチハタが開発

  2. ヒグマ駆除に道外中心批判200件 札幌市対応に苦慮

  3. 「異議あり」が届く国会に

  4. 立花N国党首「3年後、参院議員やめ参院選出馬」 埼玉知事選敗北で

  5. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです