メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 救済法案を可決 来週にも成立 衆院厚労委

 旧優生保護法(1948~96年)下で不妊手術を受けた障害者らへの救済法案が10日、衆院厚生労働委員会で全会一致で可決された。11日に衆院を通過し、来週中にも成立、月内に施行される見通し。ただ、被害者や支援団体には一時金の額や周知方法を巡って再検討を求める声もあり、救済がスムーズに進むかは不透明だ。

 法案は、超党派の議員連盟や与党ワーキングチーム(WT)が作成に当たり、議員立法で提案した。同法に基づく不妊手術だけでなく、規定外の子宮摘出手術、目的が「母体保護」や「病気の治療」の…

この記事は有料記事です。

残り363文字(全文604文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. マンホールから頭出し車と接触、死亡 下水道清掃中に 愛知・刈谷

  2. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  3. 欧州、豪でも初の感染者 中国では1287人、死者41人に 新型肺炎

  4. 南海トラフ地震 津波3メートル以上、10都県 30年以内、発生確率26%以上

  5. 成田空港トイレに実弾5発入り拳銃置き忘れ 26歳巡査長「失念していた」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです