連載

代替わりへ

「平成」に代わる新元号は「令和」に決まった。30年前の平成改元から令和改元までに、舞台裏で何が起きていたかを追った。

連載一覧

代替わりへ

改元の舞台裏/6 元号準備に宇野家人脈 漢学者3代、皇室と縁深く

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 元号と皇室の歴史を振り返る際に欠かせない一家がいる。東京大出身の漢学者を3代続けて輩出した「宇野家」だ。

 「初代」の宇野哲人・東京大名誉教授(1974年死去)は、大学卒業時に成績優秀者として「恩賜の銀時計」を明治天皇から贈られた。漢学者として名を成し、皇太子さまの「浩宮徳仁(ひろのみやなるひと)」、秋篠宮さまの「礼宮文仁(あやのみやふみひと)」の命名に携わった。お二人の幼少時には、皇后美智子さまのご依頼で「論語」などを進講した。

 「2代目」で哲人氏の長男の宇野精一東京大名誉教授(2008年死去)は、儒教思想など中国哲学の大家。皇室への漢籍進講を父から引き継ぎ、平成改元時の最終3案に残った「正化(せいか)」を提案した。精一氏の長男の「3代目」宇野茂彦中央大名誉教授(74)も中国哲学を研究。宮内庁書陵部委員を務めており、3代続けて皇室とゆかりが深い。

この記事は有料記事です。

残り2032文字(全文2411文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集