メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

来日関係者、6カ月の在留資格

 来年の東京五輪・パラリンピックの準備や運営を円滑に進めてもらうため、法務省は、長期の日本滞在が必要になる海外の大会関係者らに「特定活動」の在留資格を与える方針を決めた。大会の前後1年程度の活用を見込み、期間は6カ月を想定。6月中旬から交付申請の受け付けを開始する。

 法務省はこれまで、スポーツの国際大会な…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. ORICON NEWS 今泉佑唯が結婚&妊娠を発表 お相手は人気YouTuberのワタナベマホト

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです