メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

来日関係者、6カ月の在留資格

 来年の東京五輪・パラリンピックの準備や運営を円滑に進めてもらうため、法務省は、長期の日本滞在が必要になる海外の大会関係者らに「特定活動」の在留資格を与える方針を決めた。大会の前後1年程度の活用を見込み、期間は6カ月を想定。6月中旬から交付申請の受け付けを開始する。

 法務省はこれまで、スポーツの国際大会な…

この記事は有料記事です。

残り112文字(全文265文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ナイトクラブや風俗業、休業補償の対象外 厚労省「公金助成ふさわしくない」に批判

  2. 未解明だった数学の超難問「ABC予想」を証明 京大の望月教授 斬新・難解で査読に8年

  3. 石川の路線バス男性運転手が感染 金沢や野々市で3日に403便運休へ

  4. 東京都 新たに89人感染 新型コロナ

  5. 専門家「もっとわかりやすく」「まず信頼獲得を」 政府のコロナ情報発信に注文

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです