特集

Listening

話題のニュースを取り上げた寄稿やインタビュー記事、社説をもとに、読者のみなさんの意見・考えをお寄せください。

特集一覧

激動の世界を読む

令和に望むこと 苦難の深刻化に備えよ=アジア調査会会長・五百旗頭真

  • コメント
  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
人々が見守る中、菅義偉官房長官が新元号「令和」を発表する様子が街頭の大型ビジョンに映し出された=東京都新宿区で4月1日、竹内紀臣撮影
人々が見守る中、菅義偉官房長官が新元号「令和」を発表する様子が街頭の大型ビジョンに映し出された=東京都新宿区で4月1日、竹内紀臣撮影

 新元号が「令和」と決まった=1。明治・大正・昭和・平成の元号は、どれも字義が明瞭な漢語の2字から成り、新時代に期待するイメージがはっきりしている。それに対して「レイワ」と言われて、私は2度聞き直し、さらに漢字でどう書くのか問うた。新しい造語である。

 令息・令嬢・令夫人という。「立派な」「よい」という意が令にはある。情を込めてなれなれしく肯定するのではなく、一歩離れて敬意を持って発する言葉である。折り目正しくご令室様と言う。そのような意味合いで、令和は「よき和」である。

 漢籍ではなく、和書の万葉集が出典である。であれば、字義概念であるよりも情景や情感が重要である。梅の花をめでる宴が舞台であり、清澄な寒さの中で春近しを願う思いが漂う。やみくもに平和でなく、冷涼なきりりとしまった筋の通る平和を言いたいのであろうか。

この記事は有料記事です。

残り2393文字(全文2753文字)

コメント

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

関連記事

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集