メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激動の世界を読む

令和に望むこと 苦難の深刻化に備えよ=アジア調査会会長・五百旗頭真

人々が見守る中、菅義偉官房長官が新元号「令和」を発表する様子が街頭の大型ビジョンに映し出された=東京都新宿区で4月1日、竹内紀臣撮影

 新元号が「令和」と決まった=1。明治・大正・昭和・平成の元号は、どれも字義が明瞭な漢語の2字から成り、新時代に期待するイメージがはっきりしている。それに対して「レイワ」と言われて、私は2度聞き直し、さらに漢字でどう書くのか問うた。新しい造語である。

 令息・令嬢・令夫人という。「立派な」「よい」という意が令にはある。情を込めてなれなれしく肯定するのではなく、一歩離れて敬意を持って発する言葉である。折り目正しくご令室様と言う。そのような意味合いで、令和は「よき和」である。

 漢籍ではなく、和書の万葉集が出典である。であれば、字義概念であるよりも情景や情感が重要である。梅の…

この記事は有料記事です。

残り2466文字(全文2753文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  5. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです