特集

第79期名人戦

渡辺明名人に斎藤慎太郎八段が初挑戦する第79期名人戦を特集します。棋譜中継は「棋譜・対局結果」からご覧いただけます。

特集一覧

将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-稲葉陽八段 第43局の4

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

銀打ちの是非

 稲葉は駒台に手を伸ばし、飛車を手にすると6九に打ち下ろした。「一番深くに!」と検討陣がどよめく。継ぎ盤に並んでいたのは(1)[後]1四歩や(2)[後]4二金寄と自陣を整備する手で、一番いいタイミングで[後]6六飛を決行すれば手が作れるという話だった。以下[先]6七銀には[後]同飛成[先]同金[後]8七飛成と強気に攻める。「このあたりはいいと思っていた」と稲葉。三浦が「やるしかない」と跳ねた[先]8五桂に[後]6五銀とぶつけ、優位を拡大していく。[先]4一銀には当然[後]4二金右と逃げるだろう。継ぎ盤にはその先の変化が並べられていたが、稲葉の指し手は[後]5八銀。盤上に火花を散らす。「へー!」と歓声が上がる控室。「すごい手だ」と称賛され…

この記事は有料記事です。

残り492文字(全文820文字)

【第79期名人戦】

時系列で見る

次に読みたい

あわせて読みたい

注目の特集