メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デジタル

ガラケー、根強いニーズ

携帯市場神田本店には「懐かしのガラケーコーナー」と題し、現在は終了している2Gサービス対応の携帯電話やPHSが飾られている=東京都千代田区で

 <くらしナビ・ライフスタイル>

 スマートフォン(スマホ)が普及するなか、従来型のガラパゴス携帯電話(ガラケー)と呼ばれる端末の人気も根強い。利用料金の安さのほか、ソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)が面倒といった「スマホ疲れ」も背景にあるようだ。

 ●2台持ちが主流

 「月平均で200~300台売れています。スマホとの2台持ちで、通話でガラケーを使いたいという人が多いですね」。東京都千代田区の中古ガラケー専門店「携帯市場神田本店」を運営する中古携帯買い取り・販売会社「携帯市場」(東京都)の店舗事業部マネジャー、横山朝美さん(34)が説明する。2017年11月の開店以来、販売台数は右肩上がりで伸びている。

 主な購入者は40~50代の男性。仕事用や、子どもにスマホは持たせたくないが連絡用に、と購入する人が…

この記事は有料記事です。

残り1184文字(全文1544文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会の『さ』の字もカジノ汚職の『か』の字もない」首相演説に沸き立つ疑問

  2. 「ヒトからヒトへ感染」確認 中国新型肺炎 春節で拡大懸念

  3. 日大ラグビー部員を大麻所持容疑で逮捕 部は無期限活動停止に

  4. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  5. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです