メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

プロ野球

DeNA2-0阪神 DeNA・浜口プロ初完封

 DeNAが浜口のプロ初完封で快勝した。五回に神里のソロで先制し、七回にロペスのソロで加点。浜口は制球が良く、変化球を駆使して1安打に抑えて今季初勝利。阪神は先発・青柳が粘ったが、打線が沈黙した。

 阪神打線をわずか1安打。136球でプロ初完封を飾ったDeNAの3年目左腕・浜口は「9回を投げたのも初めて。本当にうれしい」と笑顔を見せた。

 序盤から思い切りよく腕が振れていた。変化球も得意のチェンジアップのほか、スライダーを効果的に交えた。「内と外を使えた」と制球良く、前夜逆転負けを許した相手を抑えた。八回に100球を超えて制球も乱れ始め、3四球を与えるなどで2死満塁とされたが、「より一層気持ちが入った」と動じなかった。糸原を追い込み、最後はチェンジアップで遊飛に打ち取ると、グラブをたたいた。

この記事は有料記事です。

残り287文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 感染者全国5番目、死者は東京に次ぐ2番目 なのになぜ愛知は「宣言」対象外?

  2. 首相、緊急事態宣言を発令 7都府県対象、5月6日まで

  3. 首相「感染者1カ月後8万人超えも」 接触機会7~8割減で「2週間後減少に」

  4. 無症状、軽症者ホテル受け入れ「原則反対」 旅行会社、ホテルの労組

  5. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです