航空トラブル

F35、A型墜落は世界初 青森沖、機体の一部発見

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 防衛省は10日、青森沖で9日夜の訓練中に消息を絶った航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落したと断定した。防衛省によると、離陸前の点検で異常は確認されなかったという。操縦士は直前に「訓練中止」と交信しており、突発的なトラブルが起きた可能性がある。現場付近の水深は約1500メートルで、機体回収は難航する…

この記事は有料記事です。

残り256文字(全文426文字)

あわせて読みたい

注目の特集