メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ノーベル賞

研究者だますとは 本庶教授、製薬会社に失望あらわ

 「研究者をだましたり、不正確な説明をされたりするとは想定もしていなかった」。ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授が10日、異例の記者会見に踏み切った。会見は約2時間に及び、本庶氏はがん免疫治療薬「オプジーボ」を共同開発した小野薬品工業(大阪市)への失望を隠さなかった。

 午後3時半過ぎ、京都市内の会見場に険しい表情で姿を見せた本庶氏。約40年前から同社と共同研究を続け…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1434文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  2. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 日本 米韓に14年合意の情報共有枠組み再開要請へ GSOMIA失効、影響最小限に

  5. ことば 軍事情報包括保護協定(GSOMIA)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです