メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ノーベル賞

研究者だますとは 本庶教授、製薬会社に失望あらわ

 「研究者をだましたり、不正確な説明をされたりするとは想定もしていなかった」。ノーベル医学生理学賞を受賞した本庶佑(ほんじょたすく)・京都大特別教授が10日、異例の記者会見に踏み切った。会見は約2時間に及び、本庶氏はがん免疫治療薬「オプジーボ」を共同開発した小野薬品工業(大阪市)への失望を隠さなかった。

 午後3時半過ぎ、京都市内の会見場に険しい表情で姿を見せた本庶氏。約40年前から同社と共同研究を続け…

この記事は有料記事です。

残り1231文字(全文1434文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道・佐呂間で39.5度、5月史上最高 「体温超え」北海道10カ所以上
  2. 学校ストライキ 「学校行ってる場合じゃない」 地球守れ、世界180万人参加
  3. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  4. 首脳ゴルフは「真剣な仕事、欠席お許しを」 T20会合で政府大使
  5. トランプ氏、首相とのゴルフ直前にツイート「ゲーリー大好きだ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです