メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

F35A墜落

世界初 青森沖、機体一部発見

 防衛省は10日、青森沖で9日夜の訓練中に消息を絶った航空自衛隊三沢基地(青森県三沢市)所属の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落したと断定した。防衛省によると、離陸前の点検で異常は確認されなかったという。操縦士は直前に「訓練中止」と交信しており、突発的なトラブルが起きた可能性がある。現場付近の水深は約1500メートルで、機体の回収や原因究明は難航するとみられる。同型機の墜落は世界で例がなく、国外にも波紋が広がりそうだ。

 防衛省によると、現場周辺の海域で10日、F35Aの左右の尾翼の一部が見つかった。機体の大部分と操縦…

この記事は有料記事です。

残り457文字(全文718文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 帰宅後、英会話塾行かず 殺人事件と断定 埼玉小4男児死亡 埼玉県警

  2. 8月にSNSで知り合い、事件当日に初めて会う メッセージ削除か 殺人容疑で逮捕の私立大生 池袋女性遺体

  3. 「ゴージャス、まるでホテル」西鉄が「最高級バス」お披露目

  4. 死体遺棄容疑で32歳父親を逮捕 さいたま小4男児殺害 埼玉県警

  5. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです