メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviデジタル

“曲がるスマホ”など、現在世に出ている近未来スマホを一気見せ!(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

今年もスペイン・バルセロナにて開催されたMWC(モバイル・ワールド・コングレス)では、注目端末が山ほど登場しました。ここでは、トピックごとに分けてそれぞれを紹介します。

 

モバイルライター

井上 晃さん

スマホや格安SIMなど、最新モバイル事情に精通。海外取材も精力的にこなし、MWCは現地に飛びました。

 

フォルダブルスマホの影で5G元年が幕を開けた!

今年のMWCは、フォルダブルスマホの華やかさに目がいきがちですが、実際は5G元年の幕開けが大きなトピックでした。4Gの何十倍も高速な5Gの普及について、現地で取材した井上さんはこう言います。

 

「各社の展示を見る限り、5G対応のチップセットとモデムは高額なので、まずはハイエンド機のみが5Gをサポート。普及価格帯の端末の対応は、もうしばらく先になるでしょう。とはいえ、日本では、4月に各キャリアに対して5G周波数の割り当てが行われ、夏ごろにプレサービスが始まる見通し。年内は、限定的なサービスの開始にとどまり、本格導入は2020年以降の予定です。そのころには、5G対応端末が出揃っていると考えられます。また、5G時代が到来すると、ただ通信が早くなるだけなく、VRやARもより質の高いものになるでしょう。HoloLens 2のような近未来的ツールも要チェックです」(井上)

 

<TOPIC 01>

フォルダブルスマホ、続々発表!

今年のMWCは、その“新しさ”から注目を集める二つ折りスマホが目玉。サムスン、ファーウェイといったトップランナーがついに製品発表に至りました。いずれも高価ですが、買う価値はあるのか!?

 

ダブルディスプレイ仕様の〝谷折り〟スマホ

サムスン

Galaxy Fold

1980ドル(4月26日発売・日本発売未定)

折りたためる7.3インチの有機ELディスプレイを備えたAndroid端末。裏側に4.6インチディスプレイも備え、折った状態ではこちらを使用します。トリプルカメラのほか、512GBのストレージや12GBメモリを搭載し、スペックも超弩級です。

 

たたんだときもスマートな〝山折り〟8.0インチ

ファーウェイ

HUAWEI Mate X

2299ユーロ(6月発売予定・日本発売未定)

折り目をあえて中央からずらした8.0インチの大画面を搭載。折りたたむと6.6インチ&6.38インチの表裏両面を使用できます。折りたたみ時も薄さは11㎜と非常にスリム。5G通信にも対応し、ライカブランドのトリプルカメラも搭載しています。

 

【CHECK!】フォルダブルスマホは買い?プロはこう見た!

「使い道は非常に多彩なので今後の低価格化に期待!」

フォルダブルスマホに期待しているのは、左右の画面に別々のアプリを表示して、マルチタスクを柔軟に行えることです。例えば、片方にブラウザ、もう片方にメモを起動すれば、調べ物は容易になります。攻略サイトを見ながらゲームをプレイするような運用も可能です。

 

また、物理キーボードを併用したPCライクなスタイルとも相性は良さそう。タブレットとの2台持ちよりも高コストになる点は悩みどころですが、今後、価格が安くなれば、魅力的な選択肢になってくるでしょう。

 

【こんなアイテムも発見!】

LG

V50 ThinQ 5G

価格未定(日本発売未定)

5G通信対応チップセットを採用した6.4型有機EL端末。オプションで用意されたディスプレイ付きのケース「LG Dual Screen」を装着することで、2画面端末として利用できます。本体質量は183g、ケース込みでは341gです。

 

↑ケースから外すとプレーンなノッチ有り大画面スマホに。広角、標準、望遠のトリプルカメラ仕様です

 

<TOPIC 02>

5Gスマホが早くも登場!

5Gに対応したクアルコムのチップセット「Snapdragon 855」搭載機が続々と登場しており、端末側は5G環境へのシフトが着実に進みそうです。日本での本格的な5Gサービス開始は2020年とされています。

 

極狭ベゼルでノッチレスを実現した旗艦モデル

サムスン

Galaxy S10

930ユーロ(発売中・日本発売未定)

「HDR10+認証」をスマホで初めて取得した有機ELディスプレイを搭載。超音波式の画面内指紋センサーを採用し、高速で確実な認証が行えます。カメラは、広角と望遠のデュアル構成。5Gに対応したモデルも用意されます。

 

↑画面右上にインカメラの穴が空いた新方式のディスプレイ。これにより、極狭ベゼルとノッチレスの両立を実現しています

 

10周年記念のS10はサイズ違いの「+」も!

 

6.1インチのS10に対し、S10+は6.4インチと大型化。カメラもトリプル構成となっています。また、5.8インチの普及モデルS10eも同時に発表されました。日本での発売が待ち遠しいですね。

<TOPIC 03>

ソニーの復権はなるか?!

海外メーカーの勢いに押されていた印象のソニーですが、一足飛びに進化した新旗艦モデルの投入で巻き返しを図ります。4K有機ELや瞳AF対応など、まさにソニーの技術の結晶ともいうべき渾身の一品です。

 

21:9の4K有機ELなどソニーの技術力を集約!

ソニーモバイルコミュニケーションズ

Xperia 1 

849ポンド(初夏以降日本発売予定)

4K解像度に対応した21:9の縦長有機ELディスプレイを搭載。画面を分割して2画面で使用することもできます。カメラは超広角から望遠までのトリプル構成で、スマホでは初めて瞳AFに対応。映画的な動画撮影も可能です。

 

↑プロ仕様ムービーカメラのUIを取り入れた動画撮影画面。各種設定を横のパネルに集約しています

 

【CHECK!】まだある! MWC2019で発表されたネクストヒット

 

視野角が2倍以上に広がった産業用ARグラスの第2世代

マイクロソフト

Holo Lens 2

3500ドル(予約受付中)

現実世界とCGを融合した視界が得られるARグラスの第2世代。視野角や解像度が倍以上に向上したほか、ハンドジェスチャーの読取精度などもアップしました。

4インチの大型ディスプレイを搭載した腕時計型スマホ

Nubia

Nubia α

449ユーロ〜(2019年後半発売・日本発売未定)

900×192ピクセルの4インチディスプレイを装備。Androidベースで独自UIを搭載した「αOS」を採用します。eSIM内蔵版とBluetooth版が用意されます。

 

世界初の5眼カメラを搭載した〝やりすぎ〟モデル

ノキア

Nokia 9 PureView

699ドル(3月発売予定・日本発売未定)

2つのRGBカメラと3つのモノクロカメラを搭載した5眼スマホ。さらに、深度センサーとフラッシュも加え、7つの穴を背面に備えます。カメラはすべて1200万画素です。

 

文/森 有史(本誌) 撮影/井上 晃

【関連記事】
新AirPodsを使ったら「Apple Watchがスポーツシーンに最高の音楽プレーヤー」な説が濃厚に
ただの机がワイヤレス充電器に変身! アイデアひとつで生活が豊かになる好例「deskHack」
「いつでも好みのコーヒー一杯」という理想、スタバ×LINEのキャッシュレスサービスが叶えるかも
増税前最大の駆け込みポイント「今年の新iPhone」の対策&現行モデル総おさらい!
猫をIoTで見守る「Catlog」、首輪に隠されたテクノロジーとは?

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 坂本スミ子さん死去、84歳 歌手・俳優「夢であいましょう」「楢山節考」

  2. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 大阪で新たに525人感染 死亡は14人、6日連続10人以上 新型コロナ

  5. ハローワーク堺でクラスター 職員計11人が感染 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです