メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

GetNaviデジタル

快適な通話性に特化した「AQUOS ケータイ3」、シニア以外の潜在顧客は?(GetNavi web)

情報提供:GetNavi web

シャープは、「ソフトバンク」ならびに「ワイモバイル」向けに、快適な通話性に特化した携帯電話「AQUOS ケータイ3」を商品化しました。

 

 

スピーカーの面積を従来機比約15%拡大したことで、音声がよりクリアになり、小さな声でも聴き取りやすくなりました。また、スピーカーから自身の声が聴こえる設計のため、騒がしい場所でも通話しやすいのがポイント。さらに、バイブレーターの体積を従来機比約1.4倍に大型化することで振動が大きくなり、マナーモード時の着信に気付きやすくなりました。

 

音声機能のほかには、地図やインターネットなどの画面をシニア世代の方でも見やすい色調にする「はっきりビュー」モードも特徴です。充電池の劣化を抑える「インテリジェントチャージ」機能や、防水・防塵・耐衝撃にも対応。充実した基本機能で安心してお使いいただけます。外出先でパソコンなどを接続できるテザリング機能の搭載により、ビジネスシーンにおける活用の幅も拡がります。

 

ビジネスシーンでは大画面のスマホまたはタブレットと、携帯電話をセットで持ち歩く姿が今も見られます。シニアユーザーだけでなく、そんなビジネスマンにもおすすめの「AQUOSケータイ3」を検討してみてください。

【関連記事】
“曲がるスマホ”など、現在世に出ている近未来スマホを一気見せ!
新AirPodsを使ったら「Apple Watchがスポーツシーンに最高の音楽プレーヤー」な説が濃厚に
ただの机がワイヤレス充電器に変身! アイデアひとつで生活が豊かになる好例「deskHack」
「いつでも好みのコーヒー一杯」という理想、スタバ×LINEのキャッシュレスサービスが叶えるかも
増税前最大の駆け込みポイント「今年の新iPhone」の対策&現行モデル総おさらい!

情報提供:GetNavi web


おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ファミマ・お母さん食堂に異議 声上げた高校生に「慎吾ママ」生みの親がエール

  2. 脳しんとうの力士が取り直し 土俵の安全性に警鐘 協会、初場所後に本格協議へ

  3. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  4. 警視庁担当記者が過激派「中核派」のアジトに入り、見た世界とは

  5. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです