メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「もう持たない」菅氏が二階派幹部へ通告 選挙控え対応急ぐ…桜田五輪相スピード更迭の舞台裏

桜田義孝・前五輪担当相辞任の経緯(10日)

 安倍晋三首相は11日、復興軽視の失言で事実上更迭した桜田義孝前五輪担当相(69)の後任に、鈴木俊一元五輪担当相(65)を再登板させた。国会開会中で即戦力が必要なのに加え、岩手県を地盤とする鈴木氏の起用で被災地重視の姿勢を示す狙いがある。桜田氏の辞任、鈴木氏の起用はいずれも首相自ら発表し、復興重視の姿勢を繰り返し強調。21日投票の統一地方選後半戦と衆院2補選、さらには夏の参院選への影響を抑えようと躍起だ。

  「後任には担当大臣を務めたベテランの鈴木俊一さんを充てる。被災地岩手の出身で、復興五輪に強い思いを持っている」。首相は11日朝の首相官邸入りの際、報道陣に鈴木氏の能力と復興への思いを強調した。

 鈴木氏は皇居での認証式を経て同日夜に記者会見し「再登板といえども、新任のつもりで丁寧に仕事をしたい」と語った。失言は「大変不適切だった。あまりにも被災者への配慮を欠いた発言だった」と批判。会見前に岩手、宮城、福島3県の知事に電話して桜田氏発言を謝罪し、大会への協力を求めたと話した。

この記事は有料記事です。

残り2566文字(全文3010文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「百合子山は高かった」 落選の山本氏、完敗認めるも小池氏にチクリ

  2. 「人気低下、認めざるを得ない」 落選の立花氏 衆院選へ「戦略見直す」

  3. 遺体次々発見、変わり果てた姿に 言葉を失う被害の大きさ 熊本豪雨

  4. 「小池氏に手玉に取られた」自民、距離感に苦心 恐れる「次の行動」とは

  5. 東京都知事選 小池氏の再選確実「喫緊の課題はコロナ対策」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです