メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フグをモチーフ ドット柄の新制服 下関・海響館

コモンフグのまだら模様をイメージしたドット柄で機能性にも優れた海響館の新しい制服=山口県下関市の海響館で、上村里花撮影
新制服のモチーフとなったコモンフグ=山口県下関市の海響館で、上村里花撮影

 山口県下関市の水族館「海響館」のスタッフの制服が今春、フグをモチーフにしたデザインに一新された。世界有数のフグの展示数を誇る同館らしく、2017年に新たな学名が与えられて新種となったコモンフグをモチーフとしたドット柄のデザインを採用した。

 世界のフグの仲間約440種のうち、同館では常時100種以上を展示している。コモンフグは下関市で取れた標本が17年の新種記載に用いられた縁もあり、今回、デザインのモチーフに使った。体の大小の斑点模様に似せてドット柄を採用。胸の辺りのオレンジの線は山口らしさを表しているという。従来の制服は長袖で作業がしにくかったため半袖にし、デザインも既製品からオリジナルに改めたという。

 同館魚類展示課の園山貴之さん(34)は「他には無い独自の制服ができたと思う。この制服で海響館をアピールしていきたい」と話している。【上村里花】

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 校長のセクハラ告発女子生徒、焼き殺される 「自殺に見せかけるよう」校長自身が指示 バングラデシュ
  2. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  3. 池袋暴走事故 亡くなった松永さん親族ぼうぜん「だまされているような」
  4. 池袋暴走現場に花束「人ごとと思えぬ」「いずれ免許返納する」
  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです