メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

熊本地震3年 学生ボランティアが被災地で社会人の一歩踏み出す

熊本地震で被災した子供たちの遊び場作りのボランティアを続け、今春、熊本市で就職した河野誠也さん=熊本県西原村で、杣谷健太撮影

 熊本地震の発生から3年となる今春、被災地で子供の遊び場作りなどのボランティア活動を続けてきた大分県別府市出身の河野(こうの)誠也さん(22)が、熊本市で学習塾職員として社会人の一歩を踏み出した。活動で触れ合う子供たちが笑顔を取り戻していく姿を目の当たりにし「今後も寄り添いたい」と熊本にとどまることを決意した。

 2016年4月14日夜、熊本学園大生だった河野さんは、熊本市内の体育館でフットサルの練習後に強い揺…

この記事は有料記事です。

残り747文字(全文953文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 車のトランクに男性閉じ込め、監禁容疑で少年ら7人逮捕 男性は死亡 滋賀県警

  2. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  3. モロッコ人の30歳女、結婚拒否され恋人殺害 その肉で伝統料理ふるまう UAE

  4. キャバクラ暴行死 10代母、なぜこんな目に 全公判傍聴

  5. オアシスのとんぼ 文在寅政権に多いと言われる「主体思想派」とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです