メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「気軽に骨董を」 平安蚤の市、月1回開催 京都・岡崎公園

雨の中幕を開けた「平安蚤の市」=京都市左京区の岡崎公園で2019年4月10日11時19分、菅沼舞撮影

 骨董(こっとう)や古道具、古本などを販売する店が集まる「平安蚤(のみ)の市」(実行委員会主催)の第1回が10日、京都市左京区の岡崎公園で開かれた。京都の若手古物商らが「若い人が気軽に参加できる骨董の市を作りたい」と企画。あいにくの雨と風で出店は予定の半数以下となったが、骨董ファンは楽しげに掘り出し物を探していた。今後もほぼ毎月1回開催する予定。【菅沼舞】

 実行委代表を務めるのは左京区の古道具店店主、仲平誠さん(40)。「京都の姉妹都市パリや英国では蚤の…

この記事は有料記事です。

残り698文字(全文927文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 災害時…電気、ガス、水が乏しくてもポリ袋で簡単調理

  4. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです