メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「年金停止は違法判断、立ち上がって良かった」1型糖尿病の原告、勝訴に喜び

判決後の記者会見で笑顔を見せる原告の滝谷香さん=大阪市北区で2019年4月11日午後5時1分、茶谷亮撮影

 1型糖尿病を巡り、大阪地裁は11日の判決で、患者9人の障害基礎年金を停止した国の処分を違法と判断した。幼い頃から病気に苦しみ、生活を支える頼みの綱だった年金まで突然打ち切られた患者たち。原告側の主張を全面的に認めた判決に、「立ち上がって良かった」と喜び合った。

 「訴えてきたことが認められ、本当にうれしい」。原告の一人で主婦の滝谷香さん(36)=大阪府岸和田市=は、判決後の記者会見で笑顔も見せた。

 1型糖尿病は、生活習慣が主な原因の2型とは違い、幼少期に発症することが多い。滝谷さんは5歳で診断を受け、20歳から障害基礎年金を受給。保育士として働いていたが、勤務中に低血糖を起こして倒れ、退職を余儀なくされた。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1026文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  3. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  4. 女児へのわいせつ容疑で再逮捕 東京・豊島の女性殺害被告

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです