「年金停止は違法判断、立ち上がって良かった」1型糖尿病の原告、勝訴に喜び

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
判決後の記者会見で笑顔を見せる原告の滝谷香さん=大阪市北区で2019年4月11日午後5時1分、茶谷亮撮影
判決後の記者会見で笑顔を見せる原告の滝谷香さん=大阪市北区で2019年4月11日午後5時1分、茶谷亮撮影

 1型糖尿病を巡り、大阪地裁は11日の判決で、患者9人の障害基礎年金を停止した国の処分を違法と判断した。幼い頃から病気に苦しみ、生活を支える頼みの綱だった年金まで突然打ち切られた患者たち。原告側の主張を全面的に認めた判決に、「立ち上がって良かった」と喜び合った。

 「訴えてきたことが認められ、本当にうれしい」。原告の一人で主婦の滝谷香さん(36)=大阪府岸和田市=は、判決後の記者会見で笑顔も見せた。

 1型糖尿病は、生活習慣が主な原因の2型とは違い、幼少期に発症することが多い。滝谷さんは5歳で診断を受け、20歳から障害基礎年金を受給。保育士として働いていたが、勤務中に低血糖を起こして倒れ、退職を余儀なくされた。

この記事は有料記事です。

残り719文字(全文1026文字)

あわせて読みたい

ニュース特集