2・26事件・安藤大尉の遺品を寄贈 遺族が鈴木貫太郎記念館に 千葉

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
安藤日出雄さん(右)から寄贈品の目録を受け取る鈴木有市長。2・26事件で使われた軍刀や外とうが並ぶ=野田市役所で11日午後1時5分、橋口正撮影
安藤日出雄さん(右)から寄贈品の目録を受け取る鈴木有市長。2・26事件で使われた軍刀や外とうが並ぶ=野田市役所で11日午後1時5分、橋口正撮影

 1936年に旧日本陸軍将校ら1500人が起こした2・26事件の実行部隊の指揮官だった安藤輝三大尉の遺族が鈴木貫太郎記念館(千葉県野田市関宿町)に軍服や軍刀など20点を寄贈した。同館は襲撃された当時侍従長だった鈴木貫太郎元首相の遺品などを所蔵しており、2年後をめどに企画展を開く予定という。

 11日に同市役所で寄贈式があり、次男の日出雄さん(83)が鈴木有市長に目録を手渡した。寄贈品も並べられ、襲撃時に着用していたとみられる外とうや黒縁の眼鏡、拠…

この記事は有料記事です。

残り338文字(全文562文字)

あわせて読みたい

注目の特集