メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊 意思示せぬ人、どう救う 「通知せず」改善必要

 強制不妊の問題が社会の関心を集めたこの1年余。被害を証明する手術記録の開示を請求したのは「67人」だった。国の統計では不妊手術の被害者は少なくとも2万4991人。わずか0.3%にすぎない。

 この数字が、手術対象にされた人々の現実を物語る。障害で意思を伝えられなかったり、被害を認識していなかったりする人が少なくないことを、毎日新聞は報じてきた。被害者らは高齢化し、真相を知る親の多くも死亡した。意…

この記事は有料記事です。

残り299文字(全文498文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 三菱重工広島が初回に2点先制 松永、松原が連続適時二塁打 都市対抗

  3. 「ホテルの明細書あれば1000万%アウト」 桜前夜祭の野党ヒアリング詳報

  4. トヨタ東富士工場閉鎖 OBから惜しむ声「あんなにいい場所なのに…」

  5. 桜を見る会「前夜祭」そもそも何が問題だったのか? 捜査の行方は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです