特集

ニュース|東京パラリンピック

東京パラリンピックに関するニュースです。

特集一覧

東京パラ「おもてなしと科学技術の融合に期待」 国際パラ委パーソンズ会長

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
国際パラリンピック委員会のアンドルー・パーソンズ会長=東京都港区の東京五輪・パラリンピック組織委員会オフィスで2017年10月19日、後藤由耶撮影
国際パラリンピック委員会のアンドルー・パーソンズ会長=東京都港区の東京五輪・パラリンピック組織委員会オフィスで2017年10月19日、後藤由耶撮影

 2020年東京パラリンピックの開幕(8月25日)まで13日で500日となるのを前に、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長(42)が毎日新聞の電話インタビューに応じた。パーソンズ会長は「日本の伝統的な価値観である『おもてなしの精神』や科学技術などを融合させた大会運営を期待している。それが素晴らしいレガシーになる」などと語った。【構成・芳賀竜也】

 ――開幕500日前での準備状況をどう評価しているか。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文906文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集