メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京パラ「おもてなしと科学技術の融合に期待」 国際パラ委パーソンズ会長

国際パラリンピック委員会のアンドルー・パーソンズ会長=東京都港区の東京五輪・パラリンピック組織委員会オフィスで2017年10月19日、後藤由耶撮影

 2020年東京パラリンピックの開幕(8月25日)まで13日で500日となるのを前に、国際パラリンピック委員会(IPC)のアンドルー・パーソンズ会長(42)が毎日新聞の電話インタビューに応じた。パーソンズ会長は「日本の伝統的な価値観である『おもてなしの精神』や科学技術などを融合させた大会運営を期待している。それが素晴らしいレガシーになる」などと語った。【構成・芳賀竜也】

 ――開幕500日前での準備状況をどう評価しているか。

この記事は有料記事です。

残り693文字(全文906文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  3. 新型コロナ 感染女性は小学校の給食配膳員 北海道・江別市教委が発表

  4. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  5. 小刻みに震える子猫 殺処分に立ち会った おおいた動物愛護センター

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです