メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

宇野、コンビネーションジャンプで「挑戦はやめない」 フィギュア国別対抗

男子SPで演技する宇野昌磨=マリンメッセ福岡で2019年4月11日午後8時、森園道子撮影

 フィギュアスケートの世界国別対抗戦は11日、マリンメッセ福岡で開幕し、男子ショートプログラム(SP)が行われ、宇野昌磨(トヨタ自動車)が92.78点で3位となった。

 宇野が出だしでつまずいた。予定していた4回転フリップ―3回転トーループの連続ジャンプが単発にとどまる。さらに4回転トーループを連続ジャンプにしようとしたが、最初のジャンプで着氷がつまってバラン…

この記事は有料記事です。

残り270文字(全文450文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二つの支持率が占う菅政権の今後 政権運営力低下を無情にも示すその「差し引き」

  2. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. GoTo客受け入れ8宿泊施設で5人以上感染 10月下旬までに 情報公開請求で判明

  5. 契約額は「22円」 三菱電機、ミサイル監視の衛星研究を驚きの低価格で受注

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです