メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

エンタメノート

佐々木蔵之介さん、浜村淳さんに「せりふ先に言われた」 ラジオ「浜村淳青春物語」

ラジオドラマ「浜村淳青春物語」で浜村さん役を演じた佐々木蔵之介さん=MBS提供

 MBSラジオ「ありがとう浜村淳です」(月~土・午前8時)が放送開始45年を迎え、浜村さんの半生を描いたラジオドラマ「浜村淳青春物語」が13日と20日の午後8時から放送される。同じ京都出身の俳優、佐々木蔵之介さんが演じ、浜村さん自身も登場する。

 「ありがとう……」は、1974(昭和49)年4月8日スタート。映画を見るよりも面白いとまで言われる映画解説や、その日の朝刊をわかりやすく伝える「浜村節」は誰にもマネができない話芸だ。

 ラジオドラマは、浜村さんがラジオではめったに語らない、自身の出生の秘密や戦時中の思い出、ナベプロ(渡辺プロダクション)時代のエピソードも盛り込まれた。そして、芸名「浜村淳」がどうして付けられたかの「謎」も解き明かされる。また、当時の懐かしい音楽も多数かかる。

この記事は有料記事です。

残り449文字(全文793文字)

油井雅和

東京生まれ。東京、大阪で、大衆芸能、笑芸、放送などを取材し、芸術選奨選考審査員、文化庁芸術祭審査委員などを務めた。沖縄好きで学生時代から通い、泡盛は糖質ゼロなので大好き。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 首相、全国の緊急事態宣言解除を発表 「世界的に厳しい基準をクリアした」

  3. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

  4. エンタメノート リアリティー「風」番組と匿名中傷の悲劇 女性レスラー急死の教訓

  5. 板挟みで「心がおかしくなりそう」 給付金窓口で矢面に立つ派遣社員の叫び

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです