メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界の雑記帳

ブラックホールの撮影に初めて成功、おとめ座のM87

 4月10日、重力が巨大で光さえ脱出できないため、目視できないとされているブラックホール。その写真撮影に、国際的な科学者チームが初めて成功したと発表した。アインシュタインが1915年に提唱した一般相対性理論を強く裏付けるものだという。提供写真(2019年 ロイター/Event Horizon Telescope (EHT)/National Science Foundation/Handout)

[PR]

 [ワシントン 10日 ロイター] - 重力が巨大で光さえ脱出できないため、目視できないとされているブラックホール。その写真撮影に、国際的な科学者チームが初めて成功したと10日発表した。アインシュタインが1915年に提唱した一般相対性理論を強く裏付けるものだという。

     撮影されたのは、おとめ座銀河団にある楕円銀河「M87」の中央にある巨大ブラックホール。画像では、暗い中心部を赤、黄、白の輪が取り巻いている。

     今回の研究は、ブラックホールの現在置かれた環境の撮影を目的として2012年に開始した国際協力プロジェクト「イベント・ホライズン・テレスコープ・プロジェクト」が行った。画像撮影に利用したデータは2017年4月に、地球上の8つの電波望遠鏡を結合し地球サイズの仮想的な望遠鏡を作り上げることで得られたものだという。

     会見はワシントン、ブリュッセル、サンティアゴ、上海、台北と東京で同時に開催された。

     *チャンネルを追加しました。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 「シナリオ」でもあるかのよう… 首相会見に行ってきた

    2. 焦点 人選に官邸の影 NHK新会長に前田氏

    3. 前の客にぴったり付いて改札、4年間で80万円 キセル疑いで男を書類送検 大阪府警

    4. 秋元司衆院議員の関係会社を捜索 元政策秘書が設立 不透明な資金移動か 東京地検

    5. ORICON NEWS のん、片渕須直監督の“脅し”に戦々恐々「気合い入れてね、と…」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです