メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ゴルフ

マスターズ・トーナメント 松山、首位と9打差発進

第1ラウンド、1番でショットを放つ松山=AP

 【オーガスタ(米ジョージア州)角田直哉】男子ゴルフのメジャー第1戦、マスターズ・トーナメントが11日、当地のオーガスタ・ナショナルGC(パー72)で開幕した。第1日は、松山英樹が3バーディー、4ボギー、1ダブルボギーの75で首位と9打差の3オーバーで63位タイと出遅れた。アマチュアで初出場の金谷拓実(東北福祉大)が1オーバーで日本勢最上位の44位タイ。小平智は3オーバー、今平周吾は4オーバーだった。

 首位には、ともに米国のブライソン・デシャンボーとブルックス・ケプカが6アンダーで並んだ。フィル・ミケルソン(米国)が1打差の3位につけた。

この記事は有料記事です。

残り516文字(全文788文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「赤福」が暴力団代紋入り焼酎を製造 浜田会長が辞任 2000年から12年まで納品

  2. 「中国・武漢で亜硫酸ガスが大量発生 1万4000人の遺体を焼却」という情報は本当か

  3. 未明、児相が女児を門前払い 窓口職員「警察に相談を」 神戸

  4. 首相答弁否定のANAホテル、自民幹部と会談後に“沈黙”…圧力はあったのか?

  5. 池江選手「生きていることが奇跡」 白血病公表後初のメディア 報ステ出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです