メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

人生は夕方から楽しくなる

元プロ野球監督・野村克也さん 「まさか」の連続 やり残したことなし

「サッチーは私にとって『ラッキーガール』であり、唯一の支えでした」=東京都港区で、根岸基弘撮影

 プロ野球・東北楽天の監督を退いてから10年になる。「いまだに『監督』と呼ばれ続けています。『野村さん』って言いにくいのかな。悪い気は全然しないけどね」。データ重視の「ID野球」を提唱し、選手の隠れた才能を引き出す手腕は「野村マジック」と称された。昭和、平成の世を駆け抜けてきた名監督は83歳。妻の沙知代さんが亡くなって1年4カ月になる。

 「人間はやっかいな存在だよな。サッチーがいなくなって初めて、ありがたさが分かった。生きている時は気…

この記事は有料記事です。

残り1376文字(全文1595文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. トランプ氏相撲観戦 升席で「特別扱い」
  2. トランプ米大統領 来日 首相、蜜月アピール 「やり過ぎ」野党批判
  3. トランプ氏大相撲観戦 手をたたく姿皆無、腕を組む場面も 観客「何を考えたのだろう」という声も
  4. 東京駅八重洲口歩道にタクシー乗り上げ 1人軽傷
  5. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです