メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

着物レンタル店

3分で着物姿 ネスレ日本元幹部、転身 外国人続々 京都

着物のレンタル店をオープンした神永勉さん(右)。フランス人スタッフもいて外国人観光客にも対応できる=京都市東山区で

 「3分で誰でも着られる」をうたい文句にした手軽な着物のレンタル店「ワラベキョウト」が、京都市東山区にオープンし、外国人観光客らに人気だ。ネスレ日本元常務執行役員でチョコレート菓子「キットカット」抹茶シリーズをヒットさせた神永勉さん(55)設立のベンチャー「カミーズポップ」(同区)が運営しており、神永さんは「着物文化の裾野を広げたい」と意気込んでいる。【川平愛】

 店があるのは祇園や清水寺にも近い同区弓矢町。着物はポリエステル製で、洋服のように簡単に着られる。女性用(フリーサイズ)は上下の2部式。上は前部が縫い合わされ、頭からかぶる。下は巻きスカート状で、身長によって腰位置を調節する。男性用(LとLLサイズ)は作務衣(さむえ)のように羽織り、ひもを結ぶだけ。男女とも兵児帯(へこおび)を巻けば3分以内で着終わる。内側はTシャツ、履物も靴などアレンジは自由。着…

この記事は有料記事です。

残り616文字(全文998文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 質問15項目に菅首相答弁わずか10分 野党反発、与党も「さすがにまずい」

  2. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  3. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

  4. 特集ワイド コロナで疲弊する病院 現場の負担、省く支援を 神戸大大学院教授・岩田健太郎

  5. 菅政権は自民「脱原発派」の追い風になるか 再エネ普及にも意欲

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです