メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

喫茶

青い森/5 八戸「はんかくさい喫茶 ぽん」 常連客のマッチ箱、壁に /青森

 3月の風の強い昼下がり。店のドアを開けると、中から明るい声が響いてきた。「午後も頑張ってね」。声に押し出されるように、常連客らしき男性が出ていく。八戸市の「はんかくさい喫茶 ぽん」の店主、高橋征子(ゆくこ)さん(77)は、いつもそう声を掛けて客を見送っている。

 1968(昭和43)年創業。「はんかくさい」とは北海道や青森県などの方言で「ばからしい、ろくでもない」といった意味だ。亡き夫・永久さんが「飾らない店」という思いを込めて名前をつけた。

 約35席の店内は、昼休憩中のスーツや作業着姿の人でにぎわっていた。目当ては名物ハムカレー。「何十年…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文562文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. かんぽ生命と日本郵便に一部業務停止命令へ 金融庁 両社の調査外で不正

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  4. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  5. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです