連載

喫茶

毎日新聞デジタルの「喫茶」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

喫茶

青い森/5 八戸「はんかくさい喫茶 ぽん」 常連客のマッチ箱、壁に /青森

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 3月の風の強い昼下がり。店のドアを開けると、中から明るい声が響いてきた。「午後も頑張ってね」。声に押し出されるように、常連客らしき男性が出ていく。八戸市の「はんかくさい喫茶 ぽん」の店主、高橋征子(ゆくこ)さん(77)は、いつもそう声を掛けて客を見送っている。

 1968(昭和43)年創業。「はんかくさい」とは北海道や青森県などの方言で「ばからしい、ろくでもない」といった意味だ。亡き夫・永久さんが「飾らない店」という思いを込めて名前をつけた。

 約35席の店内は、昼休憩中のスーツや作業着姿の人でにぎわっていた。目当ては名物ハムカレー。「何十年も前、余ったハムライスがもったいなくてカレーをかけてみたら、いつしか看板メニューになっていた」という。コーヒー付きで580円。値段も良心的で、働く人の胃袋を支える。

この記事は有料記事です。

残り207文字(全文562文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集