メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

群馬百湯

/85 伊香保温泉・「塚越屋七兵衛」(渋川市) 伝統守る、夢二の定宿 /群馬

鉄分豊富 湯冷めしにくい泉質評判

 かつて、与謝野晶子や徳冨蘆花ら多くの文人に愛された伊香保温泉。美人画で明治末から昭和初期にかけて人気を集めた画家、竹久夢二(1884~1934年)が定宿にしていたのが老舗旅館「塚越屋七兵衛」だ。

 フロントの壁には、夢二が旅館に寄贈した作品が飾られている。ブランコに乗る少女を描いたものだが、通常の夢二の画風とは違い、あっさりしてどこか懐かしい印象を与える。おかみで社長の塚越左知子さん(52)によると「かつては伊香保御用邸があり、財界人も数多く訪れた関係から、文化人を育てる雰囲気があったと聞いている」という。

 旅館の歴史は古い。幕末の1864(文久4、元治元)年、伊香保の石段街両脇の温泉宿の一角に、塚越七平…

この記事は有料記事です。

残り588文字(全文910文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 市販薬乱用の10代が急増 危険ドラッグ取り締まり強化の影響か

  2. 通電火災? 千葉で相次ぐ 停電中はブレーカーを落として

  3. 女子1位の前田穂南、20キロ過ぎから独走し、ニューヒロインが誕生

  4. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  5. ORICON NEWS 山口真帆、卒業後初TVでマカオ旅を満喫 タイプの男性は「自分に厳しく頑張ってる人」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです