メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

舞鶴引き揚げの日

ロゴマーク考案、香川・新田さんに市が認定証 /京都

ロゴマーク認定証を披露する新田憲明さん(右)=京都府舞鶴市役所で、行方一男撮影

 舞鶴市は11日、「舞鶴引き揚げの日」(10月7日)のロゴマークを考案した香川県東かがわ市在住のフリーデザイナー、新田憲明さん(68)に認定証を贈呈した。多々見良三市長から手渡された新田さんは「引き揚げの史実を後生に継承したい。そのシンボルとなってもらえればうれしい」と平和への願いを込めて語った。

 新田さんの実父は陸軍の軍人として南方に派遣され、フィリピンから引き揚げてきた。引き揚げ港は不明だが、物心がつくころから戦争体験を聞かされて育ってきたという。京都市にはよく訪れるが、舞鶴市の訪問は初めて。「舞鶴…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  2. 「スマホで錬金術」通信販売業者に業務停止命令 全国で7億円超の売り上げ

  3. 「元の生活に戻れない」特殊詐欺で無罪確定の大学生 勾留10カ月で留年

  4. 高2、転倒の80代男性を介抱 徒歩で1時間、灯油タンク持ち送り届ける

  5. 河井案里議員に「裏切られた」 車上運動員紹介の広島県議を任意聴取 広島地検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです