鷺舞

祇園祭創始1150年記念 伝統神事を奉納 7月、島根・津和野の保存会が披露 八坂神社 /京都

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 「祇園祭創始1150年」の今年7月、島根県津和野町で受け継がれている芸能神事「鷺舞(さぎまい)」が京都市東山区の八坂神社舞殿前で奉納される。同神社によると、鷺舞は応仁の乱(1467~77年)前に祇園祭の巡行で行われていた記録がある。1500年に祇園祭が再興されて以降の史料が京都側になく、津和野側の伝承から祇園祭の鷺舞は江戸中期ごろに廃絶したとみられるという。【中津川甫】

 八坂神社の橋本正明祢宜(ねぎ)らが今月3日に記者会見し、祇園祭創始1150年記念事業として明らかにした。鷺舞の奉納は7月6日(午後3時と同4時)と7日(午前11時と正午)の4回。津和野の保存会が羽を広げたサギをまねた姿などを披露する予定。

この記事は有料記事です。

残り397文字(全文704文字)

あわせて読みたい

注目の特集