メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ロボットすべり台

「昭和な」すべり台一新 竹内さん考案、カラフルに塗り替え 天理 /奈良

塗り替えられたロボットすべり台で遊ぶ子供たち=奈良県天理市で、熊谷仁志撮影

 天理市の天理駅西側の田井庄池公園にある「ロボットすべり台」が塗り替えられた。デザインを公募し、最優秀賞になった竹内弘美さん(38)、同市川原城町=のデザインに基づき、青を基調にしたカラフルなすべり台に一新した。

     市によると、公園は1972(昭和47)年のオープンで、すべり台(高さ約4・3メートル)は75年までには完成したとみられる。当時、全国の公園で同様のすべり台が数多く手作りされたが、残っているものは少なく、貴重な「昭和な遊具」という。年を経て、色がはげ落ちたため、市内在住・在学・在勤者を対象にデザインを公募。125作から竹内さんの作品が選ばれた。

     5日に市役所で並河健市長と歓談した竹内さんは「びっくりです。子供の頃から知っているすべり台で、うれしい」と喜んだ。

     同市東井戸堂町の奥野絢子さん(31)は快誠ちゃん(4)、大燿ちゃん(2)を連れ、桜が見ごろになった公園を訪問。すべり台を何度も滑って遊ぶ子供を見ながら、「きれいになって良かった」と笑顔を見せた。【熊谷仁志】

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです