メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新時代を見据え

’19尾道市ダブル選/下 放置される空き家 老朽化で危険 費用、相続問題で解体難航 /広島

屋根が壊れ、窓ガラスが割れた空き家を撮影する観光客。「頭上注意」の看板が設置されている=広島県尾道市で、渕脇直樹撮影

 カップルや団体客が時折立ち止まり、中をのぞき込む。壊れた窓から身を乗り入れ、室内を撮影する外国人旅行者の姿も。尾道市を代表する観光地、千光寺公園に近い路地にある空き家。付近には天寧寺の三重塔(国重文)や「猫の細道」がある。近所の70代女性によると、20年以上前から放置されているという。「崩れて危ないと市役所に言っているがどうにもならない」とこぼした。

この記事は有料記事です。

残り907文字(全文1084文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 菅官房長官、桜を見る会で反社勢力とツーショット? 「指摘は承知している」

  2. 信長、牛、中学生…「飛び出し坊や」相次いで盗まれる 発祥の地とされる滋賀

  3. 埼玉県南部などで震度3 津波の心配なし

  4. 集合住宅に女子高生の絞殺遺体 住人の男も首をつり死亡 兵庫県警

  5. 支払い前に領収書? 宛名未記入?…ANAホテルの回答から浮かび上がる 首相説明の不自然さ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです