メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ニュース&トピックス

復興を祈る調べ 作曲家・北方さん、被災地で /広島

北方寛丈さん(左奥)と一緒に発声練習をする仮説住宅の住民たち=広島県坂町平成ヶ浜5で、隈元悠太撮影

 作曲家でピアニストの北方寛丈さん(37)=金沢市=が、地震や豪雨災害に見舞われた被災地を回るツアーを展開している。9~11日には広島県を訪れ、昨年7月の西日本豪雨と2014年8月の広島土砂災害の被災地で、復興を祈るピアノの調べを響かせた。【隈元悠太、小山美砂】

 さまざまなアイデアやプロジェクトを進める人たちが、インターネットを通じて資金を集める「クラウドファンディング」で支援を募った。ツアータイトルは「ご縁をツナグ旅」。北方さんが初のソロピアノアルバムを18年春に発売したことを記念し、企画した。4月は岡山県倉敷市真備町地区、熊本県益城町など7県で16回コンサートを開き、被災地では無料で公演する。

 10日は坂町平成ケ浜5の仮設住宅集会所で、住民ら約30人を前に公演した。同町小屋浦の被災地を訪問し…

この記事は有料記事です。

残り432文字(全文784文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
  3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  5. ORICON NEWS EXIT、闇営業報道で余波?「お達しが出まして…」 『M-1』への熱い思いも告白

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです