メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、開示請求0.3% 記録判明18人 昨年1月以降 毎日新聞調査

 旧優生保護法(1948~96年)に基づき不妊手術をされた障害者ら約2万5000人のうち、宮城県の60代女性が初の国家賠償請求訴訟を仙台地裁に起こした昨年1月から今年3月までの1年余、手術記録など個人情報の開示を求めた被害者らが13道府県で0・3%に当たる67人分にとどまっていたことが毎日新聞の全国調査で判明した。厚生労働省が保存を確認している個人記録や関連資料は5400人分だが、請求で見つかり、開示されたのは18人分だった。

 調査結果は、被害者に「一時金」を支払う救済法が施行されても、請求数が極めて少数となる恐れを示す。専…

この記事は有料記事です。

残り1340文字(全文1605文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  2. 伊集院静さん、くも膜下出血で倒れる 妻の篠ひろ子さん「予断許さぬ状況」

  3. 修学旅行の高校生ら130人が集団食中毒か 福岡からスキー研修で新潟へ

  4. ORICON NEWS LiSA、鈴木達央との結婚発表「私たちなりに、これからの人生を想い」

  5. 消えたパクチー農家について首相「お答え差し控える」 施政方針演説で紹介

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです