メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金言

たいまつをもつ人々=西川恵

 <kin-gon>

 天皇、皇后両陛下が結婚60年を迎えられた。お二人にとって、山あり谷ありの歳月だったろうが、なかでも美智子皇后にとって59歳の誕生日を前にした1993年10月、週刊誌などのバッシングで失語症になったのは大きな試練だったのではないだろうか。

 皇后さまは「どの批判も、自分を省みるよすがとしていますが、事実でない報道がまかり通る社会になってほしくありません」とコメントされた。ここまではっきりと反論したのは後にも先にも初めてだ。

 どのような心持ちをもって皇后さまはこの試練を乗り切ったのか、ある元大使夫人から話を聞いたことがある。90年代半ば、この大使夫人は大使である夫と、国際親善のために国賓で来訪した両陛下を任地でお迎えした。両陛下はホスト国の官民挙げての温かいもてなしで遇された。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1003文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「倒れそう」と職員悲鳴 接触確認アプリで保健所に電話殺到 なぜパンク寸前に?

  2. 菅首相の妻・真理子さんが外交デビュー ベトナム首相夫人主催の昼食会出席

  3. 菅首相、韓国の差し押さえ資産現金化「極めて深刻な事態招く」 元徴用工問題

  4. 5~7月の妊娠届11%減 コロナで出生数大幅減へ 厚労省発表

  5. 「政府があらゆる記録を残すのは当然」 菅首相の新書から消えた言葉の重み

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです