メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外サッカーJ1川崎が最速リーグV 2年ぶり3度目
記者の目

連載「不知火のほとりで」を終えて 石牟礼道子と「せりこみ猫」=米本浩二(西部報道部学芸グループ)

石牟礼道子さん(右)と、石牟礼さんの文学・思想的盟友で日本近代史家の渡辺京二さん=熊本市東区の病院で2014年8月31日、米本浩二撮影

 2014年4月、熊本市の作家、石牟礼道子さんの近況を伝える西部本社版の連載「不知火のほとりで 石牟礼道子の世界」を始めた。18年2月10日に石牟礼さんが90歳で死去。連載はその後も続き、5年目の19年2月、70回で完結した。400字詰め原稿用紙に換算すると約400枚(一部を毎日新聞出版から5月に書籍化の予定)。「不知火のほとりで」を介して石牟礼さんと対話を重ねた日々を振り返ってみたい。

この記事は有料記事です。

残り1802文字(全文1997文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  2. 日本新薬が逃げ切る TDKは1点差に迫るもあと1本が出ず 都市対抗

  3. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  4. 経路不明急増、保健所パンク…「日本モデル」もう限界 「政府も危機感共有を」

  5. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです